ぶっちゃけタクシードライバーはどうなのか?その2


ぶっちゃけどうなのタクシーの仕事2タクシーをはじめる
スポンサーリンク

本当に月12日程度しか働かないのか?

その通りです。

ウチの会社は、11日分のシフトを組まれます。あと希望で最大2日は出勤することができます。

これは公出(こうしゅつ)と言います。

11日間は必ず働かないとダメで、最大で13日間まで勤務可能になっています。(会社によって少し違いがあるかもしれません)

歩合制だと給料が大きく変動しないのか?

この仕事を始めるにあたって気になったのが、完全歩合制という給与形態であること。

でも、実際働いてみると給与額はたいして変動はしていません

毎日の営業収入で見ると確かに多い日もあれば、少ない日もあります。例えば自分の場合は少なくて税込み4万円代後半、多くて7万円代に収まります。

つまり平均すれば毎月同じような金額になります。
この最低と最高の値が個々で変わってきますが、結局平均されればおおよその給与額は安定していると思います。

営業所トップクラスの乗務員なら、多い日で税込み12万くらいやるでしょうし、少ないと税込み6万円代くらいの時もあるかもしれません。
この例だと最低と最高の差額が6万円くらいあるので、自分みたいに差額が3万円弱よりは、給与額のブレは大きいかもしれません。

ただいずれにしても、自分なりにそこそこ真面目にやっていれば、全然安定しないということは殆ど無いかと思います。

年間でみると、繁忙期など稼げる時期での違いはもちろんありますし、個々のレベルアップによって最低~最高値が底上げされてくることもあると思います。

但し、大震災とか伝染病などが起こればもっと如実な落ち込みがあります。しかしこればっかりは、タクシー云々ではなく世の中全体的に起きていることなので仕方のないことです。

また、法人タクシーの会社によっての違いもあるかも知れませんが、現状はタクシー会社を選んで乗る人はそれほど多くはなく、概ね「来た車に乗る」傾向がまだまだ強いです。

つまりまだまだ会社ごとの差別化は十分にされていないと思います。

嫌な思いばかりするようなイメージがあるけど?

確かにタクシーの仕事はあまり良いイメージはないかもしれません。

この仕事を始めたばかりの頃は、道が分からなくて嫌なことを言われたりしたこともありますが、半年くらい過ぎてからはそういうことを言われることも殆どなくなりました。

なぜ言われなくなったのか自分なりに考えてみると

  • 道がわかるようになった(得意なエリア内)
  • 応対などに新人っぽさが無くなった
  • ノラリクラリと適当に応対出来るようになった
  • 慣れて何も感じなくなった

こんな感じでしょうか。

「車の運転が大好きで、いろんな所に行きたい!」みたいな人は、色々なエリアで営業すると良いと思います。
道が分からなくても、客を怒らせないで上手くやりくりする話術も身に付くと思います。

逆に得意なエリアを作ってその中でのほほんと気楽にやりたいなら、それも良いでしょう。(自分はこのタイプです)
まぁそれでも少しずつ、色々な所に行くので道は次第に覚えて、得意エリアも拡がってきます。

何れにせよ、次第に新人っぽさは無くなってきます。そうなると不思議と客の態度が変わります。
正しくは、ドライバーの雰囲気で客の態度も変わってくるのだと思いますが。

そうなると、結構客は礼儀正しい丁寧な人が多いんだなと感じるようになってきますし、ちょっと軽く言われたくらいなら何とも思わないくらいのストレス耐性が付いてきます。

あと一つ、その地域によってかなり人種は違いがあります。

自分は、渋谷・世田谷・目黒・青山・六本木・麻布界隈で営業していますが、ちゃんとした感じの人が多いです。

ほとんど全員、シートベルトはすぐに締めますし、言葉遣いも悪い人はそれほどいません。

たまたまかもしれませんが、以前練馬や池袋で流して乗せた客が柄も口も悪い感じだったので、自分は営業したくないエリアでは基本やらないです。

精神衛生上、嫌なことはやらないのが自分の主義です。

逆に同僚で池袋・新宿あたりの客が良いと言っている人も居るので、人それぞれです。
自分にあった営業をすれば、そんなに嫌な思いもしませんし、気楽なものです。

ガツガツして働くものなのか?

タクシー乗務員の求人募集記事は、「稼げる!」と強く訴求しているものが多いので、「金」のことしか考えていないイメージがあるかもしれません。

確かにそういう全力投球型で、ゲーム感覚で高い売上を上げることをモットーにしている人たちも居ます。

でもそういう人たちばかりではないです。

ちょっと30~40分くらい高速乗ったら、運賃で1万円以上貰える商売なので始めてしまうと他の仕事はあまりやりたいとは思わなくなります。

また、拘束時間は長くても基本的に自由なので、眠たければ安全な場所に停めて寝ていれば良いですし、ファミレス入るも良し、ラーメン食べるも良し自由なものです。

高すぎない月の目標売上を一応掲げて、まったりとやっている人たちも多いのが実情です。

一言で言えば、マイペースに働けるということだと思います。
最近は若い人や、女性も多くなっています。

タクシー求人・転職サイトを活用しよう

タクシー会社は探してみると結構な数があります。
各社の特徴や待遇面の違いなどを、簡単に比較するにはタクシー専門の求人サイトを活用しましょう。
「タクシー業界が気になる」程度でも、とりあえずアカウントを作っておいて気になった募集記事はお気に入り登録しておきましょう。
タクシー専門の求人サイトはいくつかありますが、その中でも「タクQ」は厳選された優良な会社の求人のみを取り扱っていることでネットでもとても良い評判です。
実は自分も、タクシードライバーになる時に
「タクQ」で応募して、
今現在もこの会社で働いています。
アカウントの作成はもちろん無料ですし、就職まで完全に無料でサポートしてくれますので気軽に利用できます。
さらに「タクQ」で応募して採用されると
「タクQからも入社祝い金」がもらえます!
自分の場合は、会社からとタクQからと入社祝い金をもらったので本当に助かりました。
女性の方は「女性用の専用案内ページ」があります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント