タクシー乗務12ヶ月目【乗務133~145回】


乗務月報2019年
スポンサーリンク

タクシードライバー12ヶ月目。昨年の8月いっぴから初乗務をして丸1年が経過しました。

2019年7月の乗務記録です。

丸1年経過して

本当にあっという間の1年でした。

そもそも隔日勤務だと、週に2~3回出番が入りますが体感的にはあっという間に1週間が過ぎていく感じです。なので1ヶ月経つのも早いです。

今振り返ってみると、

はじめの1ヶ月は、道もサッパリ分からないし、いろいろな経験をするので大変でした。

3ヶ月くらい経つと、道が少しだけ分かってくる感じです。

6ヶ月経つとだいぶ道も分かるので精神的にも楽になります。

もしこれからタクシードライバーになろうと思っている方がおられるなら、とりあえず半年はガマンする覚悟でやればあとは楽になります。

その後は、精神的に楽にどんどんなっていくので、逆にだらけてきます

むしろここからが自分との戦いで、いかにモチベーションを保って行くかが問題になってきます。

つまり言い換えればそれだけ管理されていない自由な仕事なので、自己管理が出来ないとどんどん数字が悪くなってきます。

  • ちゃんと休憩して、
  • 無理な運転をしないで、
  • 日中(青タンまで)にいつも同じ目標金額を達成できるようにして、
  • 青タン以降は単価の良い仕事が引ければ良いな~

今の自分が日々思っていることはこんな感じですね。

夜の六本木も寂しい

この仕事をはじめてからずっと夜(青タン以降)は六本木を流していますが、昨年と比べてあまり人が多くないですね。

金曜日は賑やかさがあって、活気がありますが月曜から木曜までは結構静かなことが多い気がします。

日曜の夜はもちろんダメですが、土曜の夜は結構人が多いです。
でも平日の人種と土曜の人種は違うようで、深夜2~3時以降になっても次の日が休みだからか、帰宅しようとしないで朝まで帰らない感じがします。

つまり土曜の深夜はロングが出にくいですね。かなり遅い深夜でも飲み場所を替えるための移動が多い気がします。

売上は?

2019年7月は税込みで売上67.5万円でした。(13勤務)

実際の会社の締め日は月末ではないのですが、わかりやすくするためにこのブログで報告する際は月ごとに区切っています。
今月は7月分で区切ると13勤務になっています。

一日あたり平均5.2万円くらいです。
今月は13回出たのに良くない数字ですね。

今月も最低も最高もほとんど差がない状態でした。

青タンで万収引いてある程度の売上にしたいのですが、最近は万収もなかなか引けなくなってきました。
万収引けないとすごくマッタリとした売上に終わってしまいます。

青タンまでは、最近は大体同じような売上になっているのですが、青タンで大きく売上を上乗せが最近出来ていません。

会社のホワイトボードに、昨年の同じ日の会社の平均売上が1ヶ月分書いてありますが、その昨年の売上に対して今年の売上が上回れば黒字で金額が書かれ、下回ると赤字で金額が書かれています。

毎月赤字ばかりになっていますが、特に7月はほとんど真っ赤でした、、

景気は昨年よりも悪いということなのでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント