タクシー乗務15ヶ月目【乗務170~182回】


乗務月報2019年
スポンサーリンク

タクシードライバー15ヶ月目。

2019年10月の乗務記録です。

惨敗状態だった即位の礼の日

即位に礼の日は出番でした。

いつもどおりに渋谷界隈で営業していましたが、朝方少し雨が降っていたので少しだけ需要があったくらいで、その後はサッパリ。

渋谷駅前も人は居るけど、誰もタクシーに乗らない、、

西口乗り場に並ぶも、すごい列。

もう全然乗る人が居なくて回転していない状態ということですね。

で、並ぶの諦めて流しても、やっぱり全然駄目。

もちろん夜もサッパリで一日完全に無駄な感じでした。

売上は、今までの最低記録更新してしまい税込みで3万円台前半。

いやはや参りました。
こんな日は長めに休憩取って、早々に諦めたほうが精神衛生上良いと思います。

あまりカリカリしてもどうしようもないです。

夜の六本木は諦めた?

最近書いていますが、今までは青タン後は六本木界隈で営業していましたが、最近サッパリ駄目です。

流石に金曜夜は大丈夫ですが、他の日は良くないですね。

土日祝の夜は特に外国人ばかりになってしまい、路上で缶ビールとか飲みながら歩いているような感じが多い気がします。

外国は公共の場で飲酒出来ない国が多いでしょうから、これはこれで日本を楽しんでいるのかもしれません。

せいぜい乗っても近くのホテルまでなので、土日祝の夜は基本六本木は流さなくなりました。

平日も月~木あたりは何とも言えないですね。

以前ほど乗ってくれる客が少なくて、空車タクシーばかりで時間ばかり経ってしまい、全然売上につながらないのでしばらく六本木界隈は避けようかと思います。

さらに最近、六本木通り下り方向で、六本木交差点の一番左車線が直進出来ないようになってしまいました

一番左車線は外苑東を飯倉方向と、芋洗坂の2つの左折専用レーンになってしまいました。

ルールはともかくとして、実際のところここが一番の乗り場になっていたので、気分的にやる気が削がれてしまった気がします。

駅前再開発でしばらくは渋谷の方が良いのか?

今、渋谷駅前の再開発が盛んです。

おかげで夜は駅前の酷い工事による交通規制で困ってしまいますが、反面人がより一層増えているとも言えます。

渋谷ストリームに続いて、11月1日から渋谷スクランブルスクエアもオープンします。

さらには東急プラザが建て替えて開業予定ですし、パルコもかなり出来てきました。

昔のセンター街の悪いイメージも今はないですし、今年はハロウィーンも1億円以上かけて警備したことが話題になっていましたが、昨年ほどの騒ぎもなく渋谷はクリーンなイメージになって来たと思います。

渋谷ストリームにはグーグルが入ってきたり、今後はIT企業も多くなり南の方はIT色が強くなり、「渋谷=ガキ」のイメージは変わってくると思います。

感度の高い人たちが集まって、所得も高くなればタクシー利用者も変わってくるでしょうから、今後に期待しています。

売上は?

2019年10月は税込みで売上69万円でした。(13勤務)

実際の会社の締め日は月末ではないのですが、わかりやすくするためにこのブログで報告する際は月ごとに区切っています。
今月は10月分で区切ると13勤務になっています。

一日あたり平均5.3万円くらいです。

最低は3万円前半が1回あって、最高は7万円弱が1回という結果でした。

即位の礼で大穴開けたので、実質12勤務と変わらないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント