タクシー乗務18ヶ月目【乗務208~219回】


乗務記録2020年
スポンサーリンク

タクシードライバー18ヶ月目。
2020年になりました。

2020年1月の乗務記録です。

2020年の閑散期突入

1年の中でも一番パッとしない時期になりました。

1月とは思えないくらい暖かい日が多かったですね。

これから3月後半くらいまでは閑散としています。

渋谷駅前も平日の夜はかなり寂しい感じになっています。
道玄坂流してもなかなか手が挙がりません。

結局乗り場に並びますが、人がそもそも少ないので回転はあまり良くないですね。

こんな時期は深夜2時以降は全く動かなくなるので、並ぶのも厳しいです。

試しに1時間並んで渋谷西乗り場から乗せた客は「宮益坂上まで」!
もちろん420円。

もう一度1.5時間かけて並び直して、渋谷西乗り場から「大橋まで」!
まぁこんな日もありますね。

でも逆に渋谷西乗り場から八王子や横浜、川崎、埼玉方面もありますから結局運なんですね。

あまりにも回転が悪い時は、渋谷でも六本木でも繁華街は空車タクシーで溢れているので、あまりタクシーが通らないようなところを流した方が拾えることが多いです。

自分の場合だと、深夜2時・3時ころの原宿、青山、神宮前、千駄ヶ谷、明治通り、山手通り、桜田通りとか。

それでもダメな日は諦めて帰ります。
あまり気にしない事が精神衛生上大事ですね。

もういい加減に自転車捕まえてくれ!

この仕事でタクシー運転していると自転車の運転の滅茶苦茶さに呆れます。

車道を走らせることになってから、加速度的にやりたい放題の無法地帯になっているように感じます。

  • 車道の逆走
  • 無灯火の走行
  • スピード違反
  • 信号無視
  • 左右・後方を確認しない

ちょっと挙げてみてもこれくらいは軽く出てきますね。

逆走していること自体が理解できていないバカが多いです。

一体何キロで走っているの?ってくらいスピード出しているウー●ーイーツの配達員、、、
そもそもその貧弱なブレーキで何かあったら止まれると思っているのか?
まぁ、全く何も考えていないのでしょうが、、

無灯火は相変わらず多いですが、ライト点いていてもほとんど確認できないような光量のものも多いと思います。
車道走らせるなら、最低光量なども法律で決めて欲しいです。

そして信号無視はあたりまえのように行われています。警官やパトカーが居ても見て見ぬ振りか、口頭注意するだけ、、
これが、車やバイクだったら結構な違反行為ですよ。

一番怖いのが、全く目視確認しないで走る点。
路駐の車を避けるために、全く右後方を見ないで進路変更をしてきます。
そもそも車やバイクみたいにバックミラーが取り付けられていることが法律で定められているから、安全にお互い譲り合いながら車道を走行しています。
なのに自転車は全く後方確認しないで走行しているので危険極まりないです。

なんで全く法整備など出来ていない状態で、
車道を走らせてしまうのか、、

ガンガン捕まえて、
切符切って、
違反金払わせて、
きちんとルールを守る
意識を持たせて欲しいです。

売上は?

2020年1月は税込みで売上63万円でした。(11勤務)

実際の会社の締め日は月末ではないのですが、わかりやすくするためにこのブログで報告する際は月ごとに区切っています。
今月は1月分で区切ると11勤務になっています。

一日あたり平均5.7万円くらいです。

大体は5万円~6万円台で落ち着いている感じです。

これから春まではこんな感じなんでしょうね。
ガツガツしないで気楽にやろうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント