タクシー乗務20ヶ月目【乗務232~244回】


タクシー乗務20ヶ月目2020年
スポンサーリンク

タクシードライバー20ヶ月目。

2020年3月の乗務記録です。

【重要】これからタクシーをやろうと思っている方へ

このブログは、タクシー初心者の方やこれからタクシーを始めようと思っている方が多く見てくれているかと思います。

現在、新型コロナウイルスの影響でタクシー業界も大きな打撃を受けている状況です。

日々の売上が4~5割減の日も当たり前になっている現状で、さらに悪化するかも知れません。

もし、タクシー会社への就職が目前に控えている方は、会社選びの最重要項目として「給与保証期間」をチェックしてください。

月額35万保証くらいだと、人にも依りますが手取りで28~29万くらいでしょうか。

月の営業収入だと60万円あれば、これくらいの給料になるはずです。

月に60万の営収は、普通にやっていれば実現できる程度の「平均的な金額」です。

しかし、いまの現状では月に60万の営収は非常に厳しい状況です。

ですから、新型コロナウイルスがいつ収束するかはわかりませんが、目安としては6ヶ月間くらいは保証してくれる会社もありますので、そのような会社を選んだほうが懸命だと思います。

他の条件が著しく悪ければ良く考えた方が良いかと思いますが、とりあえずできるだけ期間が長く、保証金額が大きい方が良いでしょう。

生活できるだけの収入が保証されれば、今からタクシー始めて、コロナが収束した頃には結構仕事も覚えてきたというのも悪くはないと思います。

タクシー専門の求人サイトはいくつかありますが、その中でも「タクQ」は厳選された優良な会社の求人のみを取り扱っていることでネットでもとても良い評判です。
実は自分も、タクシードライバーになる時に
「タクQ」で応募して、 今現在もこの会社で働いています。
アカウントの作成はもちろん無料ですし、就職まで完全に無料でサポートしてくれますので気軽に利用できます。
さらに「タクQ」で応募して採用されると
「タクQからも入社祝い金」がもらえます!
自分の場合は、会社からとタクQからと入社祝い金をもらったので本当に助かりました。
女性の方は「女性用の専用案内ページ」があります。
良かったら是非参考にしてみてください。

先月から続く最悪の事態

2月半ばくらいからコロナ騒動が始まりましたが、正直1ヶ月くらいで落ち着くだろうと思っていました。

しかし4月に入っても落ち着くどころか、悪化しています。

日々の営業収入は4~5割程度落ち込んできましたが、どうやらもっと落ち込みそうですね。

そろそろコロナ自粛に飽きてきたけタイミングで、3月末の土日外出自粛や、志村けんさん死去で自粛ムードがまた強くなってしまった感があります。

銀座はもともとやりませんが、たまに流していた赤坂は全くダメですね。

お金のあるそれなりの地位の人たちは、接待も中止でしょうし、しばらく戻ってこない気がします。

六本木・西麻布もとてもさみしいです。

渋谷は若い人は、少し居ますが空車タクシーが大挙して集まって来るので飽和状態ですね。

自分は渋谷中心でやっていますが、乗り場に並ぶ列も長蛇の列なので大変です。

流してみたり、仕方なく並んだりを繰り返しています。あとはタクシーがあまり通らないような道を流してみたりもしています。

パラパラと客は拾えますが、単価が低いので売上が上げられません。

底なし状態でどんどん悪化している感じなので、「何とかしなくては!」という気持ちも薄れて諦めムードが漂ってきています。

このブログは、タクシーで気楽に働いて歩合制のリスク緩和に副業もやると良いのでは?みたいなテーマでやっていますが、現在は副業の収入もまだまだ少ないにせよ、ありがたく生活費に消えています。

何が起こるかわからないですから、早め早めに副業も検討しておいて良かったと思っています。

タクシーやりながら副業やるのが良い3つの理由
この記事を書いている段階で、タクシー運転手になって1年半くらい経ちました。 正直、道さえ覚...

とにかく平穏な毎日に戻りたいですね。

売上は?

2020年3月は税込みで売上49万円でした。(13勤務)

実際の会社の締め日は月末ではないのですが、わかりやすくするためにこのブログで報告する際は月ごとに区切っています。
今月は3月分で区切ると13勤務になっています。

一日あたり平均3.7万円くらいです。

良くても4万半ば程度で、3万以下の日もポツポツありました。

いやはやヤバいですね、、、

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント