タクシー乗務4ヶ月目【乗務37~48回】


乗務月報2018年
スポンサーリンク

47歳からはじめた東京のタクシードライバーですが、丸3ヶ月が経過しました。

2018年11月の乗務記録です。

体調管理は?

だいぶ涼しくなってきて車内も快適な時期だと思います。

3連勤にも慣れてきて、まあ3回目の勤務はけっこうだるいのは確かですが、それほど大変でもないです。

たぶんそれは仕事そのものに慣れてきたので、精神的に少し楽になってきたからだと思います。

相変わらず勤務日の食事は気をつけていて、自分の場合は下痢気味になりやすいので原因となりやすいラーメンは禁止、食べ過ぎも禁止しています。

14時過ぎにパン2個、20時過ぎにおにぎり2個だけしか食べないのが、自分には調子が良いようです。

ラーメンとか食べたいものは、明番や公休の日に食べれば良いだけのことです。

3ヶ月を経過して思うこと

先月いっぱいで丸3ヶ月が経過しましたが、1乗務で30回以上の営業回数をしていますから、およそ1000組以上のお客さんを乗せたことになります。

1000通りの出発地点から目的地までのルートで運行したと思うと、自分でもびっくりですね。

まだまだ知らないところが多すぎるのは事実ですが、始めたばかりの頃よりは冷静にルートを考えられるようになってきたと思います。

ただ、思っていたよりもなかなか営業エリアを拡げることはできていません。
いろいろと覚えたいという気持ちは強いし、焦りもありますが、短期間に詰め込みすぎて消化不良気味で頭の中でいろいろな断片的な道がグチャグチャになっています。

100乗務したらどのくらいレベルが上っているんだろうとは、ぼんやり思っています。

売上は?

2018年11月は税込みで売上71万円弱でした。

一日あたり平均59,000円くらいです。

3万円台の日は無く、最低は42,000円くらいが1回あり、最高は6万台が6回でした。

年末に向かってタクシー需要が上がっているのかなとも思います。

営業について

営業エリア

基本的には特に変わらず恵比寿、中目黒、青山、六本木界隈を流しています。

流しメインですが、通りがかった時に空いていれば恵比寿西口乗り場や中目黒駅の乗り場に付けるときもあります。公式乗り場以外では付けていません。

先月に引き続き赤坂も流すようになりましたが、お昼時は山王前の交差点が、歩行者が多すぎて車が流れないので避けています。また、夜間もタクシーだらけで流れないので行きません。

夜は敬遠していた六本木を流すようになりました。少し売上が良くなったのはそのせいかも知れません。

しかしまだ、細い路地には入らないで六本木通りを往復しているだけで苦手な新宿方面や新橋、品川方面に行く可能性が高そうな外苑東通りは流していません。

給油の関係で目黒にも行きますが、目黒通りも歩くには不便なのでタクシー需要が高いように感じます。

最近電車の乗り継ぎなどが不便で、タクシーの需要が多い点が気になるようになってきました。今のところ分かっているのは、東急線あたりや三宿です。

課題は?

先月と同様に日中は時間に追われて移動するビジネスマンを引きたくないので、ビジネス街を避けています。

先月と変わりませんが、もっぱらの課題ですね。
しかし先日、会社の大先輩のベテランの方に、「ビジネス街はビル名とかよくわからないから行けていない」と相談したら、「別にいろいろ満遍なく行かなくて良いんだよ」と言っていただき少し楽になりました。

夜は、六本木を今後も慣れていきたいです。今までは夜は恵比寿を流すことが多かったのですが、タクシーで溢れていて競争率が高い割には、比較的単価が低かったです。

対策は?

ルーティンで翌日に日報見ながら順番にルート確認は続けています。
1時間以内で済む日が増えてきました。

どれくらい道を覚えられているかは、白い紙に道を書けるだけ描いてみるとわかります

自分は相変わらず芝、三田方面や東京タワーのあたり、新橋のあたりが苦手です。

開拓したいエリアは?

先月と同様ですが港区でも、芝や三田のあたりはまだ道が頭に入らないので苦手エリアです。
新橋、浜松町、田町あたりまで広げていきたいです。どうしてもクネクネ曲がっていると訳がわからなくなってしまいます。

まだまだ先で良いのですが新宿界隈も流せるようになりたい気もしています。

また夜は六本木の流しを強化したいので、六本木界隈の細かい路地も覚えていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント