タクシー乗務7ヶ月目【乗務73~84回】


乗務月報2019年
スポンサーリンク

6ヶ月間の給与保障期間も終わってしまいました。

これからは完全歩合となります。

2019年2月の乗務記録です。

売上は?

2019年2月は税込みで売上73万円でした。

一日あたり平均61,000円くらいです。

最低は41,000円くらいが2回あり、最高は7万台の日はなく6万円台が6回でした。

目下の目標は3万円台の日を無くして、6万円台の日を増やすことです。

この仕事は運も大いに関係しているので、引きが強くて売上が多い日はそれはそれで良しとし、通常の営業の中の無駄をなくして日中は実車率の向上、夜は単価の向上を狙っていきたいです。

でも休憩時間減らしてまでガツガツ働こうとは思っていないので、自分的に適正な範囲で取り組んでいます。

毎日の時間ごとでの売上目標も立ててあります。

  • 8:30出庫
  • 12:00で売上1万円
  • 14:30で売上2万円
  • 14:30~16:00まで休憩
  • 20:30で売上3.5万円(出来れば4万円)
  • 20:30~22:00まで休憩
  • 4:30帰庫

マーカー引いてあるところが一番気にしているポイントです。
14:30で2万円はほぼほぼ達成できています。

自分の場合16:00~20:30の時間帯がイマイチ売上を伸ばせないのが課題で、3.5万円なら達成できることが多いですが、4万円はなかなか達成できません。

青タン以降は、高単価を狙っていますが引きの強い日・弱い日もあるので、結果オーライとしています。

営業について

営業エリアと改善点

渋谷駅前、恵比寿、中目黒、原宿、青山、六本木、目黒、三軒茶屋、赤坂を流しています。

当初苦手だった渋谷駅前も今はよく流しています。
公園通りを流してお客さんが拾えなければ、渋谷駅西口優良乗り場を覗いて空いていたら付けます。駄目ならもう1周廻ったり、山手通りに入って中目黒駅前を流すことが多いです。

前月から注意していますが、あまり大回りにならないようにコンパクトに人が多いポイントを回るように心がけています。そして乗り場が空いていたら付けることで確実にお客さんを乗せて乗車率を維持したいと思っています。

日中に高速乗ったり、羽田行ったりは運なので、日中は単価は気にしないで乗車率を上げることで、結果としてセミミドルやミドルを引ける確率が上がれば良いなと考えています。

この仕事をしていると、思ってもいない場所で思ってもいない目的地へのお客さんを乗せることがあります。
これは後日以降は良い思い出となります。

これが意外と厄介で、他で流していて上手くいかないと「あの良い思い出」を思い出して「あそこに行けばまたもしかして、、」と考えて、少し離れているのにわざわざ向かってみたり、時には渋滞に巻き込まれて時間をロスして、、、

それで乗せられることはあまりありません。確かになぜだかいいお客が立っているポイントというのはありますが、程々にしないと振り回されているだけになってしまいます。

だから、今は人の多いポイントをコンパクトに流すことを重視しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント