タクシー乗務8ヶ月目【乗務85~96回】


乗務月報2019年
スポンサーリンク

なんとも早いもので8ヶ月目に入りました。
100乗務も目前となりました!

2019年3月の乗務記録です。

体調管理は?

3月中は風邪を引いてしまい、勤務中に1度早退した日がありました。

熱はそれほど上がりませんでしたが、喉がとても痛く、少し頭がボーッとする感じでした。

かかりつけの内科クリニックに行って、薬をもらって1週間飲んでも喉の痛みと咳、痰がからむのが治らなくて、再度病院に行って追加で薬をもらってきました。

やはり体調が悪いと仕事に集中できませんし、何より攻めの姿勢になれません。
タクシーという仕事はどうしても風邪など移されやすい環境にありますので、体調管理はとても大事だと改めて痛感しました。

売上は?

2019年3月は税込みで売上66万円でした。

一日あたり平均55,000円くらいです。

最低は体調不良で早退した日が20,000円くらい、最高は7万台の日は1回、6万円台が4回でした。

最低は早退した日なので仕方がないのですが、月にたったの12勤務しかないので、1度の低い売上がとても響いてきます。

3月後半頃より、夜も人が増えて活気が出てきますが、それまでの「冬の時期」はやはり売上が少なく大変でした。

営業について

今月は羽田空港が複数回出て、最後の日は昼間に六本木から成田空港を引きました。所要時間65分で高速代込み25,000円超えはありがたいです。

営業エリアと改善点

渋谷駅、中目黒駅、恵比寿駅の乗り場に付け待ちを今までよりも積極的に行うようにしました。

渋谷駅西口優良乗り場は回転が早い乗り場ですが、渋谷駅前は右折禁止が多く、順番待ちで並ぶタクシーの列の最後尾に入るためにマルイの方から並ばないといけないので効率が悪いです。

大抵は並ぼうとして走っていると手が上がって乗せてしまいます。(これはこれで良いことですが)

恵比寿あたりに送ったついでに恵比寿駅西口乗り場を見て、空いていれば並んで、混んでいたら中目黒駅前のGTプラザの乗り場も覗きます。

GTは人気がないので待機タクシーが居なくてお客さんが待っていることも多いので、必ず見るようにはしています。

先月から同様の考え方ですが、営業エリアを広げて開拓する云々よりも、コンパクトかつシンプルに立ち回りをして乗車率を上げるようにしています。

夜は、ひたすら六本木から西麻布オンリーでやっていましたが、祝日や日曜日などは人も少なく苦労するのと、平日の22時から24時くらいまでの六本木も乗車希望が少ないので、競争率が高い割には車の流れが悪くて効率が悪いので、日中と同じように渋谷駅西口優良乗り場に付けてみました。

マルイも越したくらいまで並んでいるので正直引いてしまいましたが、流しで酷い時は2時間彷徨っても誰も乗せられない時もあるので、思い切って並んでみました。

品川駅高輪口や新宿駅西口なども同様にタクシーの長蛇の列で有名ですが、良く先輩ドライバーが「回転は良いからそれほど待たないことが多い」と言われていました。

渋谷駅西口優良乗り場は15分くらいで順番が回ってきました。
意外にも早くて、並べば確実に乗せられるのでその日3回並びましたが、最後は回転が途端に悪くなり1時間も並んでしまうことになりました。

ですので、見極めが大事ですね。上手く使えば効率良く稼ぐ手段になりますが、見極めを誤るとすごい無駄な時間の使い方になります。

確実に一組乗せられる付け待ちか、今すぐ乗せられるかもしれない「可能性がある」流しか、一長一短があるので上手く使い分けたいです。

開拓したいエリアは?

今月はあまりエリア開拓欲がありませんでした。
先にも書いたように、立ち回りの効率化に関心がありました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

  1. KINTA! より:

    お疲れ様です。
    成田空港、おめでとうございます!

    体調が悪い時には無理せずに早退する勇気も大切ですね。

    たしかに売り上げトータルに響くので、頑張ってしまう人も
    多数、いらっしゃるみたいですけど。
    体調が悪いと、ほんとうに売り上げって上がらないですね。
    やはり集中力に欠けてしまうのでしょうか?

    事故とお体に気をつけて、頑張ってください。

  2. ゆるきちゆるひろ より:

    KINTA!さん
    コメントありがとうございます!
    旅客運送業なので無理は禁物ですね。歩合制なので、早退すると売上が厳しいですが、、、
    成田空港はこの8ヶ月間で2回目です。
    もっと成田空港引きたいです。
    事故のないように頑張ります!