雨の日のミラーに付いた水滴対策【ガラコ ミラーコートZERO】


雨天時のミラー便利グッズ
(C)オキラクタクシー
スポンサーリンク

雨の日は視界が悪くなるので、運転にもより一層の注意が必要になりますね。

とはいえ、ミラーに水滴が付くと本当に見えなくなって困ります

今日はそんな水滴の対策の話です。

ミラーにワイパーを付けてほしいと真剣に思う

雨が降るとミラーに水滴が付きますよね。

細かめの雨だと、細かい水滴が一面に付いて特にミラーが見えなくなります。

もちろん強く降っている時もミラーはほとんど見えませんが、、、

昔、子供の頃に一時期だけミラーにワイパーが付いている車が売られていましたが、今は見かけませんね。

ちょっと変わり種みたいな扱いでしたが、でもやっぱりミラーにワイパーは付けてほしいなと真剣に思います。

雨が降ると日中もほとんど後方が見えなくなりますが、夜になるともう全く見えないですね。

ライトが写っていれば後ろに車が居るとしか分かりません。

でも何だか最近はLEDライトが普及してから、ミラーが青白く反射してしまってより一層見えなくなってきた気がします。

ライトが付いている車なら、後方に居ることはわかりますが、自転車はライトが付いていても小さすぎて全く居るかどうかはわからないです。

冷製に考えてもシャレにならないくらい危険な状態ですよね。

もしこれで人身事故でも起こしたら●十万円くらいの罰金払わされるでしょうし、もちろん免停ですね。

いろいろ自動運転とか危険回避の技術が進んでいるのに、ミラーが水滴で全く見えなくなることについては対策されないのが不思議です。

ウー●ーイーツとか滅茶苦茶な運転で車道走っているので、これだけ後方が見えない状況で運転していると、いつかはとんでもない事故でも起こしてしまわないかと思っています。

タクシーはフェンダーミラーが今でも多いですが、ドアミラーと比べて良いのはフロントウインドウの水滴はワイパーで除去できるので、残るはミラー面の水滴だけです。

これがドアミラーだと側面のウインドウに付いた水滴も邪魔して余計に見えなくなります。

こんな事を考えていたら、雨の日に運転しているとイライラしてくるようになりました。

なので何か対策をすることにしました。

ガラコ ミラーコートZERO

ガラコは雨の水滴対策でいろいろな商品が販売されていますね。

その中に、ミラー専用の商品がありました。

SOFT99 ( ソフト99 )  ガラコ ミラーコートZERO

ガラコ

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

この商品は何と走っていなくても、つまり時速0キロの状態でも水滴が付かないというものです。

ミラーの場合は、走行中に風が当たらないので、そもそもミラーに全く水滴が付かなくなる必要があります。

しかし、本当に走っていない状態でも水滴がミラー面に付着しないのか?眉唾ものですね、、、

とりあえず気になったので、近所のカー用品店で買ってきました。

税込みで900円を僅かに切るくらいの値段でした。

しかし、あとでアマゾンを調べるとなんと640円で売られています!

これではますます実店舗で買わなくなってしまいますね。

自分も次回は絶対アマゾンで買います!

内容は小さめのスプレー缶がひとつだけです。

ガラコ

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

ガラコ

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

ガラコ

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

使い方は、ミラーにスプレーするだけです。

夏場は1時間、冬場は2時間くらい乾燥させればOKみたいです。

特徴として、この商品は皮膜がとても柔らかいみたいです。

つまり普通のフロントガラスに塗るガラコみたいに、ワイパーで擦られても耐えられるわけではないようです。

指で触ったり、タオルなどで拭いたら取れてしまうようなとても弱い被膜なようです。

タクシー業務でどう使うのか考える

取れやすさを逆手に取る

タクシーは相方の人(相番)と交互に乗務することになっているかと思います。

自分がこのガラコをミラーに塗っても、相番の人が洗車時にミラーを拭いたりしたらアウトです。

せっかくの皮膜が取れてしまいます。
特に相番の方が、中途半端に取れた被膜の状態で勤務することになったら、見えづらくて迷惑をかけてしまうかもしれません。

なので、取れやすい被膜を逆手に取って
勤務前にスプレーして、
勤務後に拭き取ってしまうことにしました。

ちょっと勿体無い気もしますが、そもそも雨の日なんて月に何日も無いですから、大して勿体なくもないかなと思います。

つまり自分の時だけガラコを使うということです。
勤務が終われば洗車時に自分で拭き取って元に戻す。

これで変なトラブルも回避できますし、スプレーしたての効果抜群な状態で勤務できます。

どうやって取り除くのか?

まだこの記事を書いている段階では、1回使用しただけです。

とりあえず自分はガラスマジックリンを買ってきて、自分で洗車するときにマジックリンで拭き取りました。

確かに拭くと簡単に表面のものが取れるのがわかります。

次の勤務の時は特に気にならなかったので、まずまず取れているとは思いますが、ウチの会社では各車両に会社支給でクリンビューが支給されているので、クリンビューの方が良いのかもしれません。

しばらく試行錯誤しながら、加筆修正等更新していきます。

スプレーするタイミングは?

もうひとつ引っかかる点は、スプレー後に乾燥させないといけない点です。

つまり朝から(勤務開始時)雨が降っていたらスプレー出来ないということです。

午後から雨とか、夜から雨なら出庫前か出庫後すぐにでもスプレーしておけば勝手に乾くでしょうから問題ないです。

今自分が考えているのは、朝から雨が降っていたらとりあえず普段どおり仕事して、昼休みに屋根があるところで休憩することにして、そこでミラーを拭いてからスプレーしようかと思っています。

六本木の高速の下にタクシー待機所があったり、トンネル内の一番左側に停車していても大丈夫そうな雰囲気の場所で停めたりすれば、どうにかなるかなと思っています。

ミラーが水滴で見えにくくても、まだ昼間はどうにか我慢できます。

でも夜は本当に危ないので、昼休みにスプレーして夕方以降からはガラコで視界が良い状態で勤務できれば良いかなと考えています。

実際にスプレーしてみた

たまたま夕方以降から雨という日があったので、昼休みにスプレーしてみました。

説明書き通りに、台座の厚紙を丸めてミラーの隙間に入れ込んで、周りに飛び散らないように囲ってからスプレーしました。

ガラコ

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

ミラー面の上からスプレーしていきますが、結構水っぽいので下に垂れていきます。

ジャパンタクシーのミラーは六角形をしていますが、上の三分の一(赤い線から上)のエリアを緑色の跡のようにスプレーする程度で、あとは下まで液が垂れていきます。

ガラコ

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

※分かりやすいように赤い線や緑色のペイントを加工してあります。ガラコは透明の液体です。

様子を見て足りなければ、行き渡らなかったところだけスプレーすれば大丈夫です。

1勤務ごとに使い捨て状態にするので、なるべく少量のスプレーにしたいと思います。

ミラーが明らかに汚れていれば拭いてからスプレーした方が良いかと思いますが、今日だけ効けばOKなのであまり神経質にならなくて良いと思います。

むしろ勿体無いので、上手く必要最小限しかスプレーしないようになれるようにしたいと思います。

スプレーしたらそのまま夏場は1時間、冬場は2時間乾かします。

今現在雨が降っていなければそのまま仕事していれば良いですが、中途半端に乾いた状態で雨に濡れたらどうなるのかは、まだ未確認です。

また気温が高すぎたり低すぎるときには上手く乾かないようなことが説明書きに書かれています。

使用して感想

夕方以降雨という状態で、昼休みにスプレーしました。

予報通りに雨が降り出しましたが、
全くミラーに水滴が付きません!

これにはびっくりです。

思っていたよりも雨は強くなりましたが、ミラーは天気が良い日と同じような状態です。

とんでもなくすごい効果です!
本当に大満足な効果だと思います。

深夜は高速も乗りましたが、視界バッチリで超快適です。

今日1日使えれば良い程度にスプレーして何回分持つかがまだ分かりませんが、6回持てば1回あたり100円程度10回持てば1回あたり65円程度です。

こんな安いお金でこれだけ効果があるなら、文句はありません。

今後は仕事のバッグに常に入れておきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント