同じ内容の交通違反で2回捕まったこと


スポンサーリンク

今回は、同じ「信号無視」で2回捕まってしまったことを書きます。

1回目は2018年9月13日

結構遅い時間で、お客さんを実車中でした。

246号線を下っていて、大橋交差点で左折して山手通りに入ろうとしていました。

左折するので一番左車線で信号待ちをしていたのですが、青になり左折、、

突然、山手通り側で信号待ちしていた車の中の1台がサイレンを鳴らし、屋根からパトライトが、、、

強引にこちら側の車線にUターンして来ました。
嫌な予感、、、

案の定、「そこのタクシー停まりなさい」と言われて路肩に停車。

自分はなぜ停められたのか分かりませんでした。
お客さんも「え、何で何で」と言った感じ。

結局、青信号は直進のみで青の直進の矢印しか出ていない状態で左折をしてしまったので「信号無視」ということでした。

罰金は9,000円也。

幸いお客さんはこの辺りで降りようと思っていたので良かったです。

2回目は2019年9月12日

ほぼちょうど1年後です。

実車で、六本木通りを上っていて南青山7丁目交差点で根津美術館方面に左折した時でした。

左折した途端に「ウ~」と白バイが飛んできました、、、

「あ~やっちゃったかも?」と思ったところで時既に遅し。

1年後に全く同じ内容で捕まりました、、

しかも今回もちょうどお客さんはここで降りるところでした。

実は1.5回目があった

実は1回目と2回目の間に同じことがありました。

日にちは覚えていませんが、空車時に大橋交差点で左折しようとしていて、青になったのでスーっと車を前に出した時に横から白バイが来て、「赤ですよ」と教えてくれました。

1回目と同じ場所で同じ過ちを犯そうとしていたのです。

何故かこの白バイの方は捕まえないで、教えてくれました。
本当に感謝していますが、全く成長していなかったようでその後2回目を犯してしまいました。

計3回も繰り返しているのだからただのバカですね。

なぜ信号無視してしまうのか?

ではなぜ信号無視をしてしまうのでしょうか?

左折したいので一番左車線で信号待ちをしています。

青の矢印が出る信号は、直進・左折右折のみで2つに別れているものが多いです。

でも中には直進左折右折3つに別れているものもあります。

信号待ち先頭で何となく信号を見て、直進矢印しか出ていない状態で、しかも隣の車線は直進レーンなので当然走り出すので、釣られて自分も走り出してしまうということです。

引っかけ問題的な感じですね。

今後の対策を考える

罰金はとりあえず会社の組合に入っているので、組合から出してもらえますがこんな感じでしょっちゅう捕まっていたら点数が気になります。

捕まったときには必ず、「運転手さん、この辺り初めてですか?」と聞かれます。

言い換えれば、この信号機について知らなかったの?ということですね。

自分は、ちゃんと信号を目視で確認していれば信号無視はしないと思っていました。

しかし見ているようでしっかり見ていないというか、青になったら早く出ないとと心のどこかで思っているのもあって、何となく青で走り出していることがわかりました。

なのでこれからは

よく通る交差点なら覚えておく

青の矢印の信号はとにかく注意して良く見る

この2つで対策しようと思います。

サンデードライバーならまだしも、タクシードライバーでまんまと引っかかってしまうのは恥ずかしいことですね。

交差点の紹介

多分結構たくさんあるかと思いますが、自分が良く営業している辺りで思いついた3つの交差点を紹介します。

大橋交差点

246号線を下っている時に大橋交差点で左折する際は、直進青矢印と左折青矢印は別々に出ます。

このあたりは白バイもよく走っています。

南青山7丁目交差点(上り下り2方向)

赤いライン:六本木通りを上っている時に根津美術館方向へ左折する際に注意しましょう。

ちなみにこの交差点で右折する時は少し手前で右折専用レーンに入りますが、この右折レーンの路肩に白バイが待機しています。

そしてうっかり左折すると飛んできます。

緑のライン:六本木通りを下っていて、恵比寿方面に向かう(渋谷橋から駒沢通り)左折時も同様です。

青山学院前交差点

青山通りを下っていて、青山学院大学を過ぎたところの信号です。

左折すると青学の西門や渋谷2丁目交差点方向です。

ここは手前の青学入口のあたりに白バイが待機しています。

ちなみにこの交差点はUターンも禁止です。

みなさんもお気をつけください。

青矢印を見たら頭の中で「左 ヨシ」と再度確認するようにしましょう。

きっとバスみたいに指差し確認が一番良いのだと思いますが、ちょっとタクシーでやるのは恥ずかしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント