シートの蒸れ防止!陰嚢湿疹に効果?空調服のKC-1000Bの評判


クールクッション便利グッズ
スポンサーリンク

タクシーの勤務は、一般的なのは隔日勤務と言って1勤務20時間程度になります。

もちろん3時間以上は休憩が義務付けられていたりしますが、長時間座りっぱなし状態は何かしらの悪影響があります。

真夏の8月から勤務開始、陰嚢湿疹になる

自分は2018年8月から働いています。
もちろん車内はエアコン効かせて快適ですが、慣れない仕事での緊張状態などが大いに影響して、かなり汗ばんだ状態で勤務していました。

はじめに感じたのは陰嚢の痒みで、皮膚科に行ったところ陰嚢湿疹というものでした。

原因は明らかに車のシートでの蒸れによるものです。

皮膚科に行って軟膏を塗って治りましたが、再発しやすいらしく何かしらの対策が必要だと強く感じました。

背中に汗をかき、不快な臭い

その後は、秋から冬になり寒くなってきますが、下半身の蒸れ以外にも気になるのが背中の汗でした。

タクシーのシートは汚れても手入れができるようにビニール張りになっています。
これがとにかく蒸れやすいように感じました。

ワイシャツはもちろん毎回洗濯していますが、上着も割と洗うようにしていました。しかし背中が汗ばんでくると嫌な匂いがしてきます。

どうやら、原因は衣服の生乾き臭ではなくシートのビニール側が臭っているようでした。

「自分の努力ではどうにもならないのか、、」と途方に暮れましたが、やはりどうにか解決したい!

蒸れないクッションはないのだろうか?

座面と背中の部分が蒸れるのだから、この部分の通気性を良くしたい。

昔、おじいちゃんドライバーがシートに付けていた木の玉みたいなものを繋げたシートカバーのようなものがありましたが、あんな感じの現代版が探すとありました。

メッシュ地で湾曲したような形状でシートとの間に隙間ができるようになっているようですが、自分は幸いにもこの車のシートで腰は痛くならないので、いまさら形は変えたくありません

そこで見つけたのが、電動ファンが付いたクッションです。

幾つかのメーカーがありましたが、ほとんど全て中国製のノーブランド風の商品でした。

1勤務で20時間以上座ることを考えると、クッション自体もしっかりしていないと、もしすぐに破けてしまったら中途半端に安くても「安物買いの銭失い」にしかならない気がしました。

株式会社空調服のクールクッションKC-1000B

KC1000B|暑さ対策・熱中症対策グッズ | 株式会社空調服

ちゃんとした日本のメーカーで品質的にも信頼できそうな(長く使えそうな)ものはないかと探しているとありました!

株式会社空調服という変わった名前の会社。
この会社の主力商品は、構内作業とか冷房が十分ではない環境で作業する際の、電動ファン付きの作業服を作っている会社です。

言われてみると確かに見たことあるヤツですね。

最近熱中症対策についていろいろ言われているのでその関係で売れているのでしょう。

これならバッチリ専門メーカー製なので安心です。
ファンなどの保守部品も別売りで買えるようです。

これなら長く使えそうです。

が、結構良いお値段、、、

悩みましたが購入しました。

クールクッション レビュー

クールクッション

効き目は?

製品は座面から背中までの長さがあるクッションです。
自分の場合は、背中と座面の蒸れ解消はバッチリ大丈夫そうです。

最下部(足元側)に電動ファンがあります。

ファン写真

原理としては、クッション面から風が吹き出るわけではありません。
足元側からファンで吸気して、クッション内部を空気が通過して首元あたりの排気口から出てきます

つまり、クッション内部に溜まった熱気や蒸れを、空気を流して排出するものです。

「冷たく」感じるかどうかは、今よりも冷たい空気が通れば相対的に「冷たく」感じることになります。
例えば、ファンは入れないでしばらくただのクッションとして使っている状態から、ファンを入れて空気を流すと「かなりひんやり」感じます。
強弱の2段階切り替えですが、自分の場合「弱」で十分冷たいです。
例えば、足元から暖房で熱風が出ている状態でファンを入れると、温かい空気がクッション内を通るので冷たくは感じません。
例えば、熱くも寒くもない車内でファンを付けっぱなし状態だと特に冷たくは感じません。
例えば、足元から冷風を出している状態でファンを入れると冷たく感じます。

どれくらい汗をかきやすいかは個人差がありますし、自分はもともと寒がりなので、自分的には

熱くも寒くもない車内でつけっぱなし状態がとても快適です。

なぜなら、おしりも背中も寒いわけではなく、でも汗を全くかかないでいられるからです。

この状態!本当に助かります!

取り付けは?

シンプルながら良くできています。

シートの座面と背もたれの間にねじ込む「固定バー」というものを入れて、背もたれ上部は「ヘッドレストベルト」を付けるだけです。

固定バー

固定バー入れ込み

これで20時間座っても安定しています。

電源はシガーソケットでUSBで取ります。12V/24V対応です。

駆動音は?

強弱の2段階ですが、弱は車に乗っていたら気になりません。
自分は「弱」で付けっぱなしにしています。

スイッチ写真

「強」だと少し気になるかもしれません。

でも車内自体がある程度の音はするので、自分は許容範囲内だと思います。

座り心地は?

クッション内部は、樹脂でできたスペーサーが入っています。

ファンとスペーサー写真

スポンジのようなものが入っているわけではないようです。

なので、少し細かいゴツゴツ感があり、硬い感じです。
自分は気になりませんが、モコモコ・ふわふわじゃないと駄目な人には向かないかもしれません。

総評

非常に気に入っています、今の仕事には自分にとって必要なものです。

下半身も背中も蒸れなくなりました。

陰嚢湿疹の再発もなく、背中の蒸れで臭うこともなく快適に仕事ができています。

その後、1年以上経過しましたが現在も使用しています。夏も冬も1年中使っています。

車のシートだけではなく、オフィスで椅子にも使えるようです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント