渋谷や六本木から丸子橋へ行く【タクシー新人向けルート解説】


六本木・渋谷から丸子橋その他の地区
スポンサーリンク

今回の道の勉強は丸子橋への行き方です。

特に六本木で深夜に営業していると、武蔵小杉や新丸子、日吉方面に行くことがよくあります。

自分もまだまだ新人なので日々研究中ですが、現時点でのルートを紹介します。

六本木界隈から丸子橋へ行く

外苑西通りから中原街道で向かうルートになります。

  1. 西麻布交差点からスタートします
  2. 外苑西通りを進行して、プラチナ通りには入らずに直進して白金トンネルをくぐります
  3. 大崎郵便局交差点を通過してしばらくしたら、右折して中原街道に入ります
  4. 中原街道を進行すると丸子橋に到着します

ルートも簡単で行きやすいです。

深夜2割増(青タン)で武蔵小杉までで7,000円代くらいでしょうか。

下道なので時間がかかってしまうのはしょうがないですね。

渋谷から丸子橋に行く

渋谷からだとどうでしょうか?

仮に渋谷西口優良乗り場から出発した場合、山手通りから中原街道で丸子橋に向かうルート(途中から前出の六本木から丸子橋と同じルートが思いつきます。

ただ最短とは言えないと思います。

自分なら以下の2つのどちらかベストかなと思っています。

246号線から自由通り、学園通りのルート

  1. 246号線を進行して駒沢大学駅前交差点で左折して自由通りに入ります
  2. 中根交差点を右折して目黒通りに入り、次の八雲3丁目交差点を左折して学園通りに入ります
  3. 玉川田園調布交差点を直進して環八を超えて、さらに直進(宝来公園通り)します
  4. 道なりに進み多摩川駅前を通過して、多摩川沿いの道(多摩堤通り)に入り、丸子橋交差点右折で丸子橋に到着します

自由通りは中根で曲がらないで直進して、雪が谷大塚駅前交差点右折で中原街道に出ても良いと思いますが、お客さんから上記のルートで指示されることが多かったのでこの行き方が良いかなと思っています。

蛇崩、五本木経由で目黒通り、学園通りのルート

目黒通りに出るのであれば蛇崩経由で行くこともできます。

ルート選択はもちろんお客さんの意向に依りますが、自分的にはこのルートが一番ベストだと思っています。

見た感じもこのルートの方が直線的なので最短だと思われます。

このルートの多摩川駅前の通りは日曜・休日のみ9ー18時の間が車は通行できません。少し迂回する必要があると思います。

  1. 渋谷駅西口のバス・タクシー乗り場からスタートします
  2. 246号線の西口交差点を大きく(鈍角)に右に曲がります。言い換えると一旦右折で246号線に入ってすぐに斜め左に入る感じです。この道はセルリアンタワー(セルリアンホテル)の裏に入る一方通行の狭路です
  3. 道なりに直進します。途中左手にローソンがあります
  4. 突き当りを左折します
  5. 5差路になっている鉢山交番前信号を鈍角(大きく奥)に右折して一方通行に入ります(直角に右折側は反対方向の一方通行なので進入禁止)
  6. 突き当りを左折します(ギニア大使館、渥美俊一記念館のところ)
  7. トンネルをくぐります(上を通っているのが旧山手通り)
  8. 道なりに坂を下ります
  9. 西郷山下信号を直進します
  10. 目黒川を渡ります
  11. 青葉台1丁目交差点を直進して山手通りを超えます(右手にファミリーマート)
  12. 道なりに直進します(この通りが野沢通り)
  13. 蛇崩交差点を斜め奥に左折(鈍角に左折)します(五本木通り)
  14. しばらく進行したら十字路を道なりに右折します(目印になるものがありませんが、左折は一方通行出口なので進入禁止、直進路の方が少し狭くなっている十字路)
  15. しばらく進むと五本木1丁目商店街になり、田切公園の信号を直進します
  16. さらに進むと三宿通りに左折で入ります
  17. 五本木交差点は直進します
  18. このまま鷹番通りを直進して田向公園北交差点を右折して目黒通りに入ります
  19. 目黒通りに入り、八雲3丁目交差点を左折して学園通りに入ります
  20. 玉川田園調布交差点を直進して環八を超えて、さらに直進(宝来公園通り)します
  21. 道なりに進み多摩川駅前を通過して、多摩川沿いの道(多摩堤通り)に入り、丸子橋交差点右折で丸子橋に到着します(日曜・休日の9ー18は通行できません

ちなみに多摩川駅前の歩行者専用になる区間は

青いラインの部分です。

まだ自分は未確認状態なのですが、少し手前で宝来公園通りから多摩堤通りに入れば問題ないと思います。

目黒通りには都立大学もあるので、渋谷駅から都立大学に行くときにも使えます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント