タクシー運転手がレビュー!カーナビタイムの評判【スマホカーナビ】


カーナビタイム便利グッズ
(C)2019 本音新人東京タクシードライバー
スポンサーリンク

自分はタクシードライバーの仕事用にスマホカーナビのカーナビタイムを使っています。

今までカーナビタイムを使ってきて感じることをまとめてみたいと思います。

更新事項
2019.11 カーナビタイムの画面表示が刷新されたので更新しました。
さらに駅の出口を目的地として設定できるようになったので更新しました。

なぜカーナビタイムを選んだのか?

自分はタクシードライバーとして独り立ちする3ヶ月くらい前に、スマホカーナビを検討していました。

タクシーに備え付けのカーナビは古い可能性があったので、自前でスマホカーナビを用意しようと思いました。

特に自分の苦手な目的地などは事前に登録しておくことで、スピーディーに目的地設定ができると思い、さらに「自分専用ナビ」なら自分が使いやすい細かな設定も保存しておけるので便利だと思いました。

スマホナビとしての候補は、

  • グーグルマップ
  • ヤフーカーナビ
  • カーナビタイム

の3つで考えていました。

グーグルマップ

無料で使える
カーナビとして考えるとナビゲーション性能が劣る
かなり細かい通りの名前も出てくる
ルートがいまいち
地図が淡色で見にくい

やはりカーナビとしてはちょっと頼りない印象でした。

車を運転しながら見る時は、グーグルマップのような淡色の薄い地図ではなく、パッと見てすぐ分かるはっきりとした色味の地図が見やすいと思います。

ド新人の自分は当面はナビにすごく依存することになるので、今回は却下。

ヤフーカーナビ

無料で使える
地図が見やすい
高速走行時の案内が分かりやすい
ルートが実際に走行できない道があった
別売リモコンが素晴らしい
もうこれでいいんじゃないか!と思うくらい無料のアプリとしては十分な内容だと思います。
ただ、試しに使っていたら車では通れないルートが出てきたことがあるので却下しました。
プライベートで使用するならヤフーカーナビでも良いと思いますが、タクシー業務で使うとなると通れない道がルート指定されるのは許されません
別売でリモコンが用意されています。
自分もこの専用リモコンを買いましたが、とても使いやすく気に入りました
地図の拡大縮小、東西南北方向への移動、現在地など頻繁に行う操作はこのリモコンで行なえます。
ハンドルにバンドで固定して取り付けますが、ハンドル操作していてもほとんど邪魔になりませんでした。

カーナビタイム

有料である
地図が見やすい
高速走行時の案内が分かりやすい
車幅を登録して通れる道しかルート指定されない
複数ルート提案してくれる
オフラインで使用可。データ通信量が少ない
リモコンが残念すぎる
有料アプリであること以外は極めて優秀な内容だと思いました。
このアプリは容量が1.5GBもあり、オフラインでも使用できる上に使用中のデータ通信量もかなり少ないので仕事で一日中使っても、通信量はそれほど多くならないのが良いと思いました。
このアプリにも専用リモコンがあるようですが、見るからに使いにくそうに感じたので買っていません
カーナビタイムの売りは「ボイスコントロール」ですが、タクシー業務中にボイスコントロールは使わないので不要な機能です。
このボイスコントロールをより活かすためのリモコンのようです。
ですので、極めて単機能というか低機能なリモコンで、ヤフーカーナビのように頻出するような操作もリモコンで行なえないようです。
また、ハンドル上部に指輪みたいに取り付けるので、ハンドル操作中に外れる可能性が高そうで危険に思えました。(このように感じたので買っていません。使ってみた感想ではありません)
願わくば、カーナビタイムでヤフーカーナビのリモコンが使えたら最高です。

カーナビタイムの購入

タクシー業務に就く前に、慣れておきたかったので早めにインストールしました。

iphoneやアンドロイドのスマホやタブレットにインストール可能です。

下のナビタイムサイトから無料試用版などダウンロードできます。

【公式】NAVITIME:カーナビタイム
カーナビタイムは2019年度グッドデザイン賞(ドライブレコーダー)受賞しました。 その他、渋滞情報、オービス通知、オフラインナビなどを搭載した多機能カーナビです。 さらに、地図更新費なしでいつでも最新の地図を表示します。

iphone6sにインストール

全機能を使うには、1ヶ月間の無料試用期間があり、その後はライセンスを購入して使っています。

アマゾンで売られている「カーナビタイム365日チケット」を使用しています。

同様にアマゾンで販売されているライセンスは、
「180日チケット」

「2年チケット」

「3年チケット」があります。

ただし、365日と2年、3年で比較すると、ライセンスを購入してもひと月あたりで考えるとほとんど割安にはなりません

途中でiphone6s plusにインストール

iphone6sにインストールして、しばらくは実務で使っていましたが、ド新人ということもあり、とてもカーナビタイムに依存して仕事をしていたので、iphone6sではちょっと画面が小さくて見づらい点と、自分の携帯(スマホ)とは別にしたかったので、カーナビタイム用に小型タブレットか画面が大きいスマホを用意することにしました。

結局、小型のタブレットでは大きすぎて邪魔なので、中古でiphone6s plusを購入して格安SIM挿して「小さなタブレット的」に使うことにしました。

ちなみに1ライセンスでは、2台のiphoneにインストールしても同時使用はできないので、使っていない方がナビタイムIDがログアウトしてしまうようになっています。例えば、iphoneとタブレットにインストールした場合は、両方共同時に使用できるようです。(2019年5月時点)

カーナビタイムのここが良い!

執筆時点でそろそろ使用歴1年を迎えます。
すでに新しい365日チケットも購入しましたので引き続き2年目に突入します。

カーナビタイム

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

基本的な使い方などは当ブログでは割愛しますが、実務で使ってみて良かった点を挙げたいと思います。

次の次まで把握できる

カーナビタイム

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

赤枠の情報は、直近の交差点についてです。
青葉台1丁目交差点に緑色のグラデーションの丸があります。
ここが直近の走行レーンが別れている交差点の案内です。

この例では、直進したいので一番右車線の右折レーン以外が青くなっていて、走行レーンが指示されています。

緑枠の情報は、ナビがこの先右左折などをするように指示している箇所です。
そのポイントまでの距離が大きくわかりやすく表示されています。

黃枠の情報は、緑枠のポイントの次の右左折などについての情報です。
このキャプチャー画像では、関係ありませんが、例えば緑枠ポイントで右折するとして、右折車線が2車線あった場合に、右折後すぐに今度は左折をしなければならないとわかっていたら、緑枠ポイントの右折車線は左側を進もうと判断できます。

さらに先のアクションまで把握できるのでとても便利です。

カーナビタイム

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

目的地設定していないで走行している時は、直近の走行レーンが別れている交差点の案内が、交差点に緑色のグラデーションの丸が表示されて案内があります。

交差点名(信号)表示が多い

交差点名はかなり多く表示されています。

お客さんとのルートのやりとりでは、交差点名と通り名が重要になってきます。

単にナビとして使うだけなら、地図上の情報は少ないほうがスッキリしていますが、地図として情報を得たい場合はこれだけ十分な交差点名が表示されていることは良いことです。

ただ、表示する縮尺によってはかなり間引かれて表示されてしまいます。
自分は縮尺100mでよく使っていますが、かなり交差点名が間引かれている時があります。

これは単に地図情報の読み込みが間に合わなくて表示されていないのか、わざとスッキリ見せるためになっている仕様なのかはわかりませんが、縮尺100m時でも細かく表示して欲しいです。

提案ルートが多い

検索したルートにも依りますが、「推奨」「高速」「無料」「距離」「推奨2」「Eco」「景観」「超回避」の最大8ルートが表示されます。

自分が仕事で参照しているのは、「推奨」か「無料」の下からと、「高速」の上からです。

高速使えば○分短縮できるかもわかるので、お客さんに「ナビ上の計算ですと、上からだと○分くらい短縮できそうです。」と提案できます。

お客さんも数字で言われると皆さん納得してくれます。
本当に把握しやすいので助かっています。

もし、お客さんが指定しているルートが出て来ない場合はどうするか?

この場合自分は、とりあえず下からの適当なルートで案内開始しておいて、お客さんの言う通りに進行します。

すぐにナビは自動的にリルートするので、お客さんのルートをナビのりルートが一致しているか確認します。

すぐに一致すればラッキーですが、最後まで一致しないときもあります。

基本的に「この辺りで営業していないので道がわからない」旨は早い段階で伝えます。

お客さんの指示で進行して、カーナビタイムは補助的に見る程度にします。

通れない道は仕事で使って1度も出なかった

カーナビタイムの有料版では今までタクシーの仕事で使っていて一度も通れない道が出てきたことはありません。

これは仕事道具として頼りに出来る点です。

車の車幅を登録出来るようになっているので、是非登録した方が良いと思います。

渋滞表示が一般道と高速で切り替え可能

この機能は執筆時のごく最近装備されました。

道路上に渋滞している箇所が色付きの線で表示されますが、だいたい一般道と高速は同じ位置を走っていることが多いので、この色付き線は一般道なのか?高速なのか?わからないことが多かったです。

カーナビタイム

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

しかし、一般道と高速を両方表示するか、どちらかか、表示しないかを選べるようになりました。これはなかなか便利で助かります。

カーナビタイムもっとこうなれば!

では、逆に使ってみてイマイチな点を挙げてみます。
新人タクシードライバーとしての意見ですので、一般的な利用者とは視点が違うかも知れませんのでご了承ください

ヤフーカーナビみたいなリモコンだったら

カーナビリモコン
カーナビタイム・ドライブサポーターが操作できるカーナビリモコン

先にも書きましたが、ボイスコントロール機能を補助するためにあるような位置づけのリモコンなので、意味がないように感じます。

例えば縮尺を拡大したければ、ヤフーカーナビのリモコンなら拡大ボタン押すだけですが、カーナビタイムの場合は、ボイスコントロールのボタンを押してから「拡大して!」とか叫ばないといけないみたいです。

タクシーでお客さん乗せているのでボイスコントロール機能は使いませんし、リモコンなんだからボタン押して操作したいです。

またハンドル操作時に明らかに邪魔になると思われる点は非常に危険です。もし外れてアクセルペダルの下にでも入り込んでしまったら・・・

電話番号検索だけ階層が違う

目的地の入力画面には、ワード検索以外にも、住所検索など色々ありますが、住所検索と並んで使う頻度が高い電話番号検索だけはなぜか上の階層にあるので、とても使いにくいです。

カーナビタイム

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

上は、目的地入力の画面ですが電話番号入力はありません。

カーナビタイム

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

もう少し上の階層のメニュー画面に電話番号入力があります。

住所確定後、修正がし難い

住所入力は全て「あ行」、「か行」、、、から選んで東京都から順に入れていきます。

例えば、「東京都渋谷区神宮前1-2-3」を入力する際に1丁目を選んで2番地を誤って3番地を選んでしまった場合は、戻るボタンで戻れば、再度2番地を選び直せます

しかし全て入力し終えて確定してから「1-2-3」を「1-2-2」に直そうと思っても、もう一つ前の画面には戻れません。つまり東京都から入れ直さないといけなくなります。

タクシーの場合かなりのタイムロスになるので、住所確定後の再編集は直近のおしり側から戻れるようにしてもらえると良いなと思います。

あいまいなワード検索を強化してほしい

例えばお客さんから「○○医大」と略称で言われたとして、ワード検索に○○医大と入れても周辺のコンビニやコインパーキングの○○医大店しか出てこない時があります。

しかしなかなか正式名称って覚えていないものですし、普段口にもしないです。

略称で検索しても、まず最上位に出るようにしてもらいたいです。

通りの名前はもっと細かく表示してほしい

タクシーでお客さんから通り名で指示された時に、通りの名前が地図に出ていないととても困ります

そもそもカーナビタイムは「ナビ」なので目的地を入力して案内してもらうためのアプリですが、やはり「自動的に現在地を追従してくれる地図」として使う場面はとても多いです。

カーナビタイムの地図上に表示されるのは、環七とか明治通りとか第一京浜とか本当に大きな通りのみです。

場所を相手に伝える際に「交差点名」と「通り名」を使うことで効率よくやり取りできます。なので通り名がわからないととても不便です。

ちなみにグーグルマップはかなり細かい通り名も表示されているように感じます。

タクシー地図に載っている通り名くらいは情報として表示されるように改善してほしいものです。

またスクロールしなくても、常に画面内に通り名が表示されているくらいの表示密度にして欲しいです。

「この通りは何だっけ?」と思いながらかなり東西南北方向にスクロールしないと通り名が分からない時が多いです。

GPSで現在地がずれるとリルートされてしまう(カーナビ全般)

カーナビタイム云々ではないのですが、これは仕方がないことなのかもしれませんが、、、

目的地を設定して進行中に、GPSの現在地がずれてしまうと自動的にリルートします。

タクシーの場合、進行前にお客さんにルート確認して了承してもらってから進行するので、自分が気が付かない間に確認済みのルートと違ったルートになっているととても困ります

例えばリルート前に「リルートしますか?」と確認画面が任意で出せるようになっていれば、「リルートするか」「自力で指定ルートに戻るか」(実際はGPSがずれているだけなら少しすれば指定ルート上に戻ります)選択できると良いかなと思います。

ちなみに設定内にリアルタイムリルートのON OFFがありますが、これは進行中に随時、機械が渋滞情報などを考えてリルートしてくれるようです。

タクシーの場合これはOFFで良いと思います。

ナビではなく地図としては内容が薄い

これは上記の通り名と同じような意見になりますが、地図上に表記されている建物名などがあまりにも少なすぎます。

一般的なランドマークとして認知されているレベルの施設は確実に表記してほしいです。

確かにナビとして考えれば、「地図上の情報」は重要なものではないかもしれません。
ナビ役の道に詳しい人が助手席で指示してくれるような感じであれば良いわけですから、極端に言えば地図表示そのものが無くても構わないです。
ナビアプリとして考えれば「見やすさ」を追求して地図の内容を減らしてしまいたい気持ちも理解できます。

しかし車に乗っている時に常にナビ機能を使っているわけでは無いと思います。

タクシー業務でも、自分の営業エリアなら住所検索する必要がなければナビとしては使っていません。

こういう場面では、「自動的に現在地を追従してくれる地図」「渋滞情報」として利用していることがほとんどです。

多分ナビ以外での利用時間はこれからも増えていくと思います。そうなると「地図情報の充実さ」はとても重要なポイントになってくるでしょう。

トンネルに弱い

仕事では中央環状線の山手トンネルを走行中に、だいたい現在地が3キロ程度遅れてずれてしまいます。

タクシー業務ではじめての首都高でカーナビタイムだけの情報で判断していたら、見事に五反田出口で降りそこねて大変なことになってしまいました。

実際には五反田出口を通り過ぎた時に、カーナビタイムでは「五反田出口まであと3キロ」となっていました。

そして「五反田出口まであと・・キロ」の状態で、山手トンネルから出てしまいました、、、

これはもちろん実際の道路標識を見て冷静に判断できなかった自分のせいです。

はじめての首都高利用の仕事で緊張状態の自分は、目で見て起きていることよりも、カーナビタイムの画面を信じ切っていました。

まあ今となっては笑い話ですが、トンネル走行時は注意するようにしています。

車寄せに着けるという概念がない(カーナビ全般)

ホテルや病院などにタクシーで送ることはとても多いのですが、これらは基本「車寄せ」に着けることになります。

しかしカーナビタイムに限ったことではなく、カーナビ全般に於いてその住所に対して「辿り着く」ことを目的としているので、実際に行ってみたら「車寄せ」は逆側だったなんてこともあります

病院ならお客さんが歩く距離は最小限になるように車寄せに着けるのは当たり前ですし高級なホテルなのに車寄せに着けられずに「ここから歩いて行け」となってしまってはいけません

また新宿駅、東京駅など大きな駅も漠然と「駅」ではなく、車で着けられる例えば「西口ロータリー」など正規のポイントを目的地候補として出てくるようにしてほしいです。

車をナビするためのアプリなのですから、正規で車で着けるポイントへナビゲーションしてほしいものです。

2019.11更新
新たに新機能が加わりました。
大きな駅では、複数ある出口に対して目的地の設定ができるようになりました。

カーナビタイム

(C)2019 本音新人東京タクシードライバー

例では秋葉原駅ですが、赤いグラデーションの丸でいくつかの出入り口が表示されています。

目的地にしたい出入り口をタップすればそこが目的地に設定されます。

今までにない画期的な更新だと思います。
ただ難を言うと、出入り口名がなく「出入口1」みたいな表現になっています。

実際はお客からは電気街口とか一般的な呼び名で言われるので、自分が地図を見ただけで出入口名が分かれば問題ないですが、知らないと設定出来ないので実用的にはまだまだ厳しい部分もあると思います。

願わくば「右折禁止」表示があれば!

これはマイナス評価点というわけではありません。
単なる個人的な要望に過ぎないです。

ルートを見ていると、何故ここで曲がっているのか?と思うことがあります。

一方通行の表示はどのナビでも表示されますが、右折禁止や左折禁止、直進禁止などの情報も表示されると、「ここで曲がらないといけない理由」がわかりますし、「この方がより近いな」と自分でルートを手直しする際の情報にもなります。

タクシー地図には、全ての、右折禁止や左折禁止、直進禁止などの情報が表記されています。
この情報が常に見られるようになれば個人的には最高なのですが。

まとめ

なんだか悪いことばかり書いてしまった感じですが、良い点は当たり前になってしまっているので、改善希望箇所にどうしても力が入ってしまいます。

また、カーナビタイムが良くないというよりも、現状のナビ全般に対しての不満の意見が多いです。

でも、今回継続して使用するのでまた1年分のチケットを購入しましたし、自分にとってはカーナビタイムはなくてはならないものです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

  1. KINTA! より:

    タクシーに付いているカーナビ。 確かに古い情報ですね。
    いまだに海を走ったり・・・何年前のナビやねん!(笑

    今の時代、皆さん。個別にスマホやタブレットを持ちこんでますね。
    御客様からあいまいな事を言われても検索できますからいいですね。

    ただ・・・車のナビでもそうなのでしょうが・・・
    広い敷地内にある建物。

    その敷地の入り口ではなく、その建物に近い道(場所)を案内してしまう。。。
    結果、正面入り口からは一番遠い建物で、壁で入口なんてなかった。。。
    入口が数カ所ある場合も困りますね。

    そういう建物は、地図でも載っていない場合が多数ですので、
    知らない場所は、最初にきちんと御客様に説明しておくのが大切ですね。

    ごくまれに・・・
    ナビを使いたいと説明すると激怒される御客様もいらっしゃいますので。
    叱られても、勉強のうち。と前向きに思いましょう(苦笑

    まだまだ進化していく東京。
    常に新しい道や情報は必須ですね。

    • ゆるきちゆるひろ より:

      KINTA!さん
      いつもありがとうございます!
      乗るやいなや「住所入れてください」と言うお客さんが結構多いです。利用する側もナビがある前提みたいですね。
      となると大事なのは、地図の鮮度ですね。
      良く営業している渋谷界隈も、渋谷ストリームやら、渋谷キャストやら、、どんどん新しい施設が出来ています。
      覚える事が多いので、もっとナビが頼りになれば助かります、、、