タクシー会社選び方 その1【入社支援・育成期間】編


タクシー会社選び1タクシーをはじめる
スポンサーリンク

2018年8月から東京23区と武蔵野市、三鷹市エリアのタクシー運転手をしています。

今回はその1で【入社支援・育成期間】にまつわる、タクシー会社を選ぶ際に注意したいポイントを紹介します。

この記事にたどり着いた方はきっと相当数のタクシー関係のブログ記事や動画を見られているのではと思います。

自分が実際に説明会や面接を経て全く未経験の新人タクシードライバーとして乗務する中で思うことをまとめてみようと思います。

自分の頭の中を整理しながら書きますので、完全にオリジナルな記事となります

タクシー会社選び方 その2【給与関係】編
タクシー会社の選び方のパート2です。 今回も他のサイトで書かれていることとはちょっと違った、完全オ...
タクシー会社選び方 その3【労働環境・その他】編
新人タクシードライバーが思う、タクシー会社の選び方のパート3です。 会社選びや面接時に注意した...

入社支援・育成期間について

入社支援金支給とか2種免許取得費負担とか、求人広告でも大きく謳っている部分ですね。
他の方のブログや動画で言われていることとほぼ同感ですが、実際に自分が5社受けた説明会での事例なども紹介します。

タクシー乗務員として選任されるまでは、スムーズに行っても1ヵ月以上かけていろいろな資格、試験、研修などをクリアしなければなりません
また、どの順番でやっていくのかはその時のスケジュール次第なようで特に気にしなくて良いでしょう。

健康診断

健康診断イメージ

多分これは一番最初にやります。

OKがでないと乗務員にはなれません。

自分もちょっと引っ掛かりそうな持病がありましたが、かかりつけの専門医に診断書を書いてもらってクリアできました。自分の場合、健康診断費用は会社持ちでしたが、専門医での診断書関係の費用は自分持ちでした。

気になる持病に関しては、初めに自分から聞いてみた方が良いでしょう。面接など進んでからダメかも、、となっても時間の無駄ですからね。

タクシーセンター講習、試験

試験勉強イメージ

講習費用や試験費用は会社持ちが普通だと思います。但し、地理試験に何度も落ちる人がいるので例えば試験費用は3回までで、日当も試験3回までが上限などと決められている場合がほとんどです。

地理試験対策

タクシー地図と地理試験問題集

地理試験はなかなか難しいみたいな情報が出回っていて、

新規でタクシー運転手になる=地理試験合格

みたいに思ってしまいがちですが、

いざ選任されて実務を行うころには地理試験なんて関係がありません。

何かと気になる地理試験ですが、自分の場合はタクシー会社で働こうと思った時に早々に南砂町のタクシーセンターに行って過去問題集や地図を買って勉強を始めていました。

講習中に試験勉強ができる雰囲気ではないので、タクシーセンターに通い始める前には仕上がっているべきだと思います。

性格的に勉強が苦手な人は、社内でしっかり教える体制のある会社を選んだ方が良いかもしれませんが、自習できる人は「地理試験対策がしっかりしているから」を理由に会社選びする必要はないと思います。繰り返し言いますが、いざ実務が始まればどうでも良いことだからです

説明会を受けた5社中、4社は過去問渡しておくから自分で勉強してねでした。1社は講義用の教室まであってそこで1週間くらい通ってOKと判定されてからタクシーセンターに講習・試験を受けに行くそうです。

2種免許取得関係

2種免許の取得費用は会社負担の会社が普通です。
費用以外でチェックしておきたいのが、通いか合宿か。
自分は相部屋で寝ることに非常に抵抗があったので合宿は避けました。
通いの場合も会社指定のスクールに行くことになるので確認しておいた方が良いでしょう。

ちなみに自分は、家から自転車で10分くらいのスクールに1週間通いましたが、合間に試験勉強をしないといけないので、結構疲れました。
スクールで一緒だった他社の人は、自宅が鎌倉で新橋の会社に通うことになっていて、2種のスクールは練馬区の駅からずいぶん離れたところまで自宅から片道3時間近くかけて通っているとのことでした。自分は自転車で10分なので申し訳ない気分でしたが、近いに越したことはないですよ。

説明会でタクシー会社の方が言っていましたが、新卒採用時期は2種免許を取る人がとても増えるのでいつもの会社指定のスクールと違うところに行かされることもあるようです。春頃に考えている人は注意したほうが良いかもしれません。

無線グループや社内研修

自分は会社が所属している無線グループの5日間の講習の後、会社で5日間の研修がありました。こういった費用も交通費以外は普通に考えて会社持ちです。

グループの研修は加盟している各社からたくさんの人が来ており、和やかな雰囲気で過ぎていきました。
社内研修は、うちの会社の場合朝7時くらいに来て午前中には終わってしまうような内容で、会社としてもやらなきゃいけないからやっているだけ的なものでした。毎日終わると、確かに受けましたという紙に著名させられたので、何かあった時のためにちゃんと講習した証明としてサインが欲しいだけなんだなと思いました。

他の方のブログを見ていると、空き時間に同僚と運転手役とお客役になって練習してみたり、空いている車を与えられて同僚でドライブして乗り場巡りしたり書かれていましたが、うちの会社はそういうことはありませんでした。このあたりは会社の社風も出てくる部分です。

育成期間の日当

費用会社持ちで免許など取らしてもらうわけですが、この間無収入になってしまうのでほとんどの会社では日当が付きます。逆に日当が出ないような条件ならやめておいた方が良いかもしれません。

私の会社では、2種免許通いと試験場で学科試験、タクシーセンター講習・試験、錦糸町で受ける運転適性検査、タクシーセンターで乗務員証受け取り、グループの講習、社内講習など全部でおよそ24日くらいはあったと思います。

私の会社は日当1万円で交通費は自己負担でした。私が受けた5社では1万円か1万2千円のどちらかでした。すべての会社で交通費は自己負担でした。

先に書いたように試験に何度も落ちると試験費用や日当が付く上限があるところが普通なようです。

入社支援金の有無、支払い条件

会社によっては求人広告に入社支援金支給!と書かれていることがあります。

呼び方はいろいろあって、研修中奨励金と書かれている場合もあります。
貰えるお金は貰っておいた方が良いですが、どのような条件をクリアしたら貰えるのかは確認するべきです。
自分の会社は、2種免許取得とタクシーセンター地理試験と法令試験合格すれば現金で20万円貰いました。自分は全てストレートで合格したので入社半月後くらいには貰っていました。

会社によっては育成期間が終わって選任してからでないと貰えないとか条件が違うと思います。自分の会社は支給条件は早い方だと思います。

また、すべてのタクシー会社が入社祝い金を支給しているわけではありません。
説明会を受けた5社では、

入社支援金会社数
20万円3社
10万円か給与保障月30万のどちらか選択1社
なし(給与保障もなし)1社

という内容でした。

貰えるものなら貰っておきたいですね。

紹介会社からの祝い金

これは、タクシー会社を紹介する求人サイト運営している会社経由で就職すると、祝い金がもらえるシステムです。
タクシー会社に限らず、成功報酬型の求人サイトで良くある手法ですね。
もちろんお金の出どころは募集した企業なので、貰えるものは貰っておいた方が良いと思います。

金額は5万~8万円程度が一般的なようです。

自分は8万円支給で、健康診断がOKで就職が決まったら3万円が振り込まれて、3か月後に継続して働いていれば残り5万円が振り込まれる仕組みでした。

タクシー専門求人サイトでも、紹介会社から入社祝い金がもらえないサイトも多く存在します。

ちなみに自分が利用した「タクQ」はネットでの評判も良く、入社祝い金ももらえるのでオススメです。

大手・優良企業への転職 タクシー求人は【タクQ】無料転職支援サービス

女性の方は専用の紹介ページがあります。

女性のタクシー求人は【タクQ】無料転職支援サービス

縛り期間と返金条件

縛り期間は、2種免許費用など会社が負担してくれたかわりに、2年間は辞めませんみたいな縛りです。

自分が受けた5社では、1社だけが3年縛りであとは2年縛りでした。
実際に誓約書みたいな書類に著名捺印もしました。

もし、縛り期間内に退職する場合は「君をタクシー運転手にするのにかかった経費を返せ!」となります。

この条件は会社によってとてもまちまちでした。掛かった経費の総額はストレートに試験等に受かったかどうかでも変わってきます。

例えば、

・2年縛りで丸1年勤務して辞めるなら、半額返金する
・2年縛りで2年以内に辞めるなら、全額返金する
・3年縛りで毎月1万円天引きで積み立てをして、3年後に辞めなければ積立金が支給され、もし途中で退職する場合は積立金を使って返金して、不足分は別途支払う

こんな感じでいろいろ違います。

年齢や経験等考慮しても、タクシー会社は入るものを拒まないで本人が希望するなら比較的容易に入社ができる業種です。

まじめにやっていれば社内の売上順位的にも中くらいより上には行くでしょうし、もっと稼ぎたければもっと成果も出せる業種と言えます。

会社もそれだけの環境を用意してくれていますし、中高年で未経験で働ける職場というのは働く側としてもありがたい限りです。

やってみたけどどうしても自分にはタクシー運転手は合わない方はもう仕方がないですが、とりあえず「縛り」があることだし2~3年は頑張ろうと思って働いみるべきだと考えています。

タクシー求人・転職サイトを活用しよう

タクシー会社は探してみると結構な数があります。
各社の特徴や待遇面の違いなどを、簡単に比較するにはタクシー専門の求人サイトを活用しましょう。
「タクシー業界が気になる」程度でも、とりあえずアカウントを作っておいて気になった募集記事はお気に入り登録しておきましょう。
タクシー専門の求人サイトはいくつかありますが、その中でも「タクQ」は厳選された優良な会社の求人のみを取り扱っていることでネットでもとても良い評判です
 
実は自分も、タクシードライバーになる時に 「タクQ」で応募して、 今現在もこの会社で働いています。
 
アカウントの作成はもちろん無料ですし、就職まで完全に無料でサポートしてくれますので気軽に利用できます。
 
さらに「タクQ」で応募して採用されると 「タクQからも入社祝い金」がもらえます!
自分の場合は、会社からとタクQからと入社祝い金をもらったので本当に助かりました。
 
女性の方は「女性用の専用案内ページ」があります。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント