タクシー会社選び方 その3【労働環境・その他】編


タクシー会社選び3タクシーをはじめる
スポンサーリンク

新人タクシードライバーが思う、タクシー会社の選び方のパート3です。

会社選びや面接時に注意したいことをまとめてきましたが、前々回、前回に引き続き今回も完全オリジナルな記事です!

タクシー会社選び方 その1【入社支援・育成期間】編
2018年8月から東京23区と武蔵野市、三鷹市エリアのタクシー運転手をしています。 今回はその...
タクシー会社選び方 その2【給与関係】編
タクシー会社の選び方のパート2です。 今回も他のサイトで書かれていることとはちょっと違った、完全オ...

労働環境・その他について

どうしても給与関係ばかり気になってしまってその他の点についてチェックが甘くなってしまいがちです。
しかし労働環境関係で不満があると、今後長く働きにくくなってしまいとても悪循環です。是非ともしっかり確認しましょう。

事故を起こした場合の負担

車の事故イメージ

どうしても車の運転をしている時間が長いので、事故とは切っても切れない関係です。

起こさないように注意することはプロドライバーとして当然ですが、もし起こしてしまった場合にどうなるのかは必ず会社に面接時に確認しましょう。

5社面接を受けましたが結構バラバラでした。

一番負担が多い会社の場合は、100万までの損害は乗務員1割負担で、100万を超える場合は話し合いで決めるというもの。

10万も払うとなると生活に大きく関わってきますし、100万以上は話し合いというのも数字で決まっていないのだからとても怖いと思いました。

逆に安心なのは、事故の金額によらず事故を起こした月は無事故手当が支給されないというものです。無事故手当の額は8000円から1万円くらいです。

事故当月のみ支給されないので負担は少なくて助かります

労働組合の有無

労働組合の話を会社の面接で聞いても、会社側はあまり教えてくれないとは思いますが聞くだけ聞いてみた方が良いです。

毎月組合費を払うことになりますが、やはり組合には入ったほうが良いです。

特に自分の会社では、共済に組合が入っているので、自分が違反した場合の違反金などは組合が払ってくれます

たぶん自分にとってはこの点だけでも十分メリットがあると思っています。

有給休暇条件

そもそも常識的な範囲で普通に使えるかどうかは、ぶっちゃけて面接時に聞いたほうが良いでしょう。

問題なのは、歩合制で働いているので一体いくら貰えるのかが重要です。

ちなみに自分は有給休暇の条件はまだ知りません、、、
でも、普通の会社みたいな有給とはかなり違うのだろうと思っていて、期待していません。

洗車屋の有無

自分は朝8時出庫して翌朝4時までに帰庫します。
それから売上計算や納金して、洗車を、、、なんてやりたくないので洗車は帰りがけに近くの洗車屋に持っていっています。

洗車好きな人は夢中で洗車しているのを見ますが、
自分は洗車大嫌いなのでこの会社入ってから1回も自分ではしていません。

20時間以上も働いて、その後に勤務時間だかなんだかわからない扱いで洗車するのはまっぴらごめんです。
規則で必ず洗車して車を返さないといけないので仕方がなく自腹で洗車しています。

会社の規模によっては洗車業者が入っているところもあります

あとは、免停中の乗務員が会社に了解を取って免停期間中の収入のために洗車係をしている会社もあります。料金は1000円が相場です。

自宅からの通勤距離、時間

 

働き始めてから大きく関わってくるのが通勤時間です。

タクシー会社はまず交通費は支給されないところがほとんどです。

つまり交通費自腹です。車通勤が許されている会社でもガソリン代は自腹です。

ちなみに自分は会社まで徒歩10分。仕事帰りにはコンビニで買い物してのんびり帰ります、、

とても楽です。本当に近くにして良かったと思っています。

自分の会社は年2回健康診断がありますし、月1回の全体集会もあります。
他にもイレギュラーで少し会社に来ないといけないことがあります。

睡眠時間や自由時間を確保するためにも、通勤時間は短いに越したことはありません

会社所在地と都心部繁華街との距離

東京23区のタクシーは23区と武蔵野市、三鷹市で営業ができますが、一般的なセオリー通りにいわゆる「ナカ」で営業しています。

ナカとは山手線の輪のナカを指している人もいますが、千代田区・港区・中央区を指している場合が多いです。
東京の中枢ということで「ナカ」なんですね。

といっても自分は六本木メインで青山、恵比寿、渋谷、目黒、三軒茶屋あたりでやっているので、厳密にはナカに関わっているのは港区になります。

まあ要するに都心の繁華街で営業しましょうということです。
だから、新宿、池袋、渋谷、品川なんかでも良いと思います。昼も夜も人が多いのでとりあえず稼ぎやすいですね。

そうなると、出庫してから都心部までの所要時間、都心部で営業やめてから帰庫までの所要時間は実質無駄な時間になります。

ゆくゆくは無駄にならないように、向かう途中や帰る途中も営業範囲として開拓して、都心部営業とローカル営業を組み合わせて営業するべきですが、会社とメインの営業場所が近いに越したことはないですね。

自分の場合は会社が家の近くなので、港区などは逆に遠くなっています。効率のいい営業スタイルを磨いていくのがこれからの自分の課題です、、

会社と自分が営業したいエリアとの関係も視野に入れておくと良いですよ。

タクシー求人・転職サイトを活用しよう

タクシー会社は探してみると結構な数があります。
各社の特徴や待遇面の違いなどを、簡単に比較するにはタクシー専門の求人サイトを活用しましょう。
「タクシー業界が気になる」程度でも、とりあえずアカウントを作っておいて気になった募集記事はお気に入り登録しておきましょう。
タクシー専門の求人サイトはいくつかありますが、その中でも「タクQ」は厳選された優良な会社の求人のみを取り扱っていることでネットでもとても良い評判です
実は自分も、タクシードライバーになる時に
「タクQ」で応募して、
今現在もこの会社で働いています。
アカウントの作成はもちろん無料ですし、就職まで完全に無料でサポートしてくれますので気軽に利用できます。
さらに「タクQ」で応募して採用されると
「タクQからも入社祝い金」がもらえます!
自分の場合は、会社からとタクQからと入社祝い金をもらったので本当に助かりました。
女性の方は「女性用の専用案内ページ」があります。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント